婚活地獄にハマらないように!婚活をして結婚できない女性が増えています

婚活地獄にハマらずに結婚を目指すためにウェブサイトです。

結婚相談所でお見合いから交際・成婚までに注意すべきポイント

| 0件のコメント

結婚相談所では入会者自身でお見合い相手を探すか、もしくは担当のコーディネーターの方があなたにぴったりのお相手を紹介してもらってお見合いをすることからスタートします。

そのお見合いでお互いが好意を抱くことができれば交際スタートとなります。

多くの方々は交際ができれば後は結婚するだけだと考える傾向がありますが、実は交際から結婚に至るまでのプロセスが意外と大変なのです。

そこで今回は結婚相談所でお見合いをして交際をすることになってから晴れて結婚するまでのプロ説において注意してもらいたいポイントを紹介していこうと思います。

交際

担当のコーディネーターに報告

お見合いをした後、二人で勝手に交際をスタートさせることはできません。まずはお見合いをした相手の印象を担当のコーディネーターに報告しなければいけません。

つまり、お見合いをした時点で相手に交際を申し込むことはできないのです。お見合い後にお互いの印象を確認して交際を希望することが確認できた時点から正式に交際がスタートします。

デートで気を付けるポイント

晴れて交際がスタートすると、お互いに連絡先を交換してデートをしたりすることができます。

形的には交際関係ということになりますが、一般的な恋愛関係における交際とは少し違います。

まだお互いに一度しか会ったことがないので、恋人関係というよりも友人関係に近いと言えます。

そのため、初めてのデートであまり馴れ馴れしくボディタッチなどをし過ぎると、相手に引かれてしまう恐れがあります。

そのため、友人くらいの感覚で食事に行ったり、映画を観たりしながら徐々に二人の関係を深めていくようにしましょう。

結婚相手として考えています

結婚相談所に入会している方々は皆さん結婚を目的に婚活をしています。しかし、あまりにも結婚を焦っているような言動や態度が出ていれば、相手は引いてしまいます・・・。

真剣に交際を勧めていくことは当然ですが、ある程度ゆとりを持ってデートを楽しむような感覚で接する方が結果として良い方向に進んできます。

交際期間中は相手を見定める期間として活用して下さい。あなたの理想とするパートナー像に一致するかどうかをデートやメールなどのやり取りで判断しましょう。

コーディネーターに相談する

交際をして順調に進展していくケースもあれば、逆に上手くいかないケースもあります。上手くいかない時は担当のコーディネーターに相談するようにしましょう。

第三者が介入してくれることで、お互いのすれ違いや勘違いなどが修正できて軌道に乗ることができるケースもあります。

コーディネーターは婚活のプロです。さまざまなカップルの仲人と世話役を実施しています。担当のコーディネーターから効果的なアドバイスをもらうこともできます。

そして、無事にプロポーズをされて成婚することになったら、お世話になったコーディネーターに報告しましょう。

きっと心からあなた達からの報告を喜んでくれると思いますよ!

コメントを残す

必須欄は * がついています